ケアマネ試験の勉強をするのが億劫な日に行う3ステップ

誰もが1度は聞くと言われる悪魔のささやき

ケアマネ試験は毎日毎日自分との闘いです。今日はいいや・・・明日にしよう・・・何度も何度も襲ってくる悪魔のささやきです。このささやきに打ち勝った物だけがケアマネ試験に合格することができると思っています。

しんどい時の3ステップ

本当に辛い日、仕事の疲れが抜けない。嫌な事があった。心配なことが頭から離れない。どうしてもやる気になれない。そういう日は素直にお休みしてもいいと思いますが、できれば頑張って次の3ステップを行って下さい。

  • ステップ1:机に向かう
  • ステップ2:テキストを開く
  • ステップ3:1ページだけ読む

これだけです。

このステップ3だけやったら今日は終わり!!!と心に決めて取り組んでみて下さい。実は本を開くのが億劫なだけで、開いてしまえばすいすいと進む場合が結構あります。どうしても全然やる気が湧いてこなかったらもう休みましょう。無理を続けても挫折の元ですからね。

時間が本当にない時も使える

人とのお付き合いや帰るのが遅くなった日とかでどうしても勉強ができない日って出てきますよね。

例えば夜の23時頃帰宅。もう寝る時間直前で、勉強している時間なんて無い!となるとします。

そんな時でも3ステップを思い出して実践してみて下さい。少しだけやる気になって10分でも20分でも勉強できれば儲け物です。元々お休みする予定だったんですから。

休まなかったという事が大事

その日勉強をしない というのは全然構わない事です。それが自分で今日はやらないでOK!と決めたことなら何も問題ありません。問題がある場合とは「やらなきゃなぁ」と思いながら結局「やらない」時です。この気持ちは罪悪感を感じるようになり、自分を責めるようになります。そうすると人間は弱いもので、諦めたり、嫌になったりして勉強から遠ざかってしまいます。
この「自責の念」を作らない為に3ステップは私にはとても有効でした。「1ページでも2ページでもやったことには変わりない」と全然やってないのにやったことにしてしまうのです。自分を正当化しまくって下さい。

もちろん毎日毎日1ページというのでは困りますが、やる気がでないなぁっていう日に3ステップを試してみて下さい。結構効果あります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください