タグ別アーカイブ: エビングハウスの忘却曲線

忘れても落ち込まない!ケアマネ試験反復学習のススメ

忘れても落ち込まない

 ここを読んでいるあなたは「絶対に受かる!!」と決めた人だと思います。何故ならこんな辺鄙なブログまで辿り着いて調べ物をしているからです。そんなやる気に満ち溢れているあなたを挫折へと導くのが「覚えた事を忘れる」という事です。今回はその忘れるという事をエビングハウスの忘却曲線反復学習という言葉をキーワードに書いていきたいと思います。

人は物を忘れる

 勉強をしていてまず感じる事は「記憶力の低下」です。勉強をしたのが学生の頃以来ですと、記憶力の落ち込みを肌で感じるでしょう。しかし落ち込まないでください。私たちは大人です。大人のテクニックで、全盛期よりちょこっと落ちたぐらいの記憶力ならカバーしちゃいましょう。

エビングハウスの忘却曲線とは

 そもそも、人は物を忘れる生き物です。これについては、エビングハウスの忘却曲線という物が有名です。簡単に言うと人間の脳の「忘れるしくみ」を曲線で表した図です。(図は検索するとすぐ見つかると思います)詳しく書くと以下のようになります。これは学生でも変わりません。

新しいものを覚えてから・・・

  • 20分後には42%を忘却し、58%を保持していた。
  • 1時間後には56%を忘却し、44%を保持していた。
  • 1日後には74%を忘却し、26%を保持していた。
  • 1週間後(7日間後)には77%を忘却し、23%を保持していた。
  • 1ヶ月後(30日間後)には79%を忘却し、21%を保持していた。

 頭がいたいですね。なんと1日後には74%も忘れているそうです。この「忘れる」という現象をなんとか防げないものでしょうか。

答えは復習

 忘れることを防止するには何度も繰り返し反復学習するしかありません。私たちが自分の名前を覚えているのも、箸の使い方を覚えているのも、何度も何度も「復習」しているからに他なりません。この忘却曲線で特徴的なのが、データでは1週間後と1カ月後では2%しか変わらないという所です。この辺りをうまく利用したいと思います。

 理想は1日後と1週間後に復習する事ですが、そんなことはやってるうちに破綻するのが見えていますので、1ヵ月に1度は復習する。という事で決めてしまいたいです。繰り返し勉強する中で1ヵ月に1周するようなスケジュールを組めば、「効率よく忘却を防ぐ」ことができます。

 何度も繰り返し反復学習することで、うろおぼえだった物の輪郭がクッキリとしてきます。2度目よりは3度目、3度目よりは4度目になるに従って学習スピードも上がってきます。1ヵ月かかっていたものが4週間、3週間と短くなってきます。そのサイクルに上手く入ることができれば、最後には1週間でケアマネ試験の模擬試験一冊ぐらい仕上げるぐらいは可能になってきます。

反復学習しかない

 私は基本テキストをノートにまとめる事だけはしないで下さいとあらゆる記事に書いています。これは上記の忘却曲線でも証明できるのですが、ノートにまとめだすと、2ヶ月ぐらいは平気でかかります。そして最初に戻ると何%覚えているでしょうか。ほとんど0です。初めて見た感触すら感じるでしょう。

 ケアマネ試験の勉強には反復学習しかないと思っています。最初の1周目は結構きついので2ヶ月で1周になってしまってもかまいません。次は1ヵ月半、次は1ヵ月とサイクルを早めることで、忘却のスピードをコントロールしましょう。

頭から消え去って0になっているのではない

 では忘れた部分の74%とは頭の中から綺麗さっぱり消えているのでしょうか?1ヵ月に1度復習しないともうほとんど無意味に感じてしまいますよね。しかしそんな事はありません。しっかりと頭には残っているのですが「思い出せない」だけです。

 私がケアマネ試験を始めたころ膨大な範囲に愕然としていました。支援。・・医療・・・福祉・・・こんなに覚えられないよ!!と思っていました。実際に晶文社の基本問題集上巻を終わらせるのに確か一ヵ月以上かかっています。下巻もそのぐらいです。そしてまた上巻に戻ったのですが、驚くくらい忘れていました。ほぼ初めて読んだような感覚だったのです。

 ここで諦めないことが重要だと思っています。こんなに頑張ったのに覚えられないじゃん (俺/私)って頭悪いんじゃないの!?と勉強を投げ出してしまわない事。覚えていないんじゃない。今はまだ頭の回路が「ケアマネ脳」になっていなくて、上手く思い出せないだけなんだと思って下さい。そして1周目で全てを覚えられる人はいません。覚えられる人がいたらその人が特殊なだけです。絶対にめげないで下さい。

最初からできなくていい

 ケアマネ試験の勉強を始めて、一周目はもの凄く時間がかかります。なので、矛盾しますが↑に書いた一ヵ月に一度復習しよう!という事は忘れて下さい。1ヵ月で同じ個所に戻ってくる事はかなり気合を入れていても難しいです。何周も何周もぐるぐるしていくうちに1ヵ月に一度復習できるようになります。更にその1ヵ月のラインを越えて4週間・・3週間・・と間隔が短くなっていきます。

そうなればもう忘れる事なんてありません。問題を読んで答えばかりか解説まで言えるようになっているあなたがきっといます。この状態を作れれば合格なんてあっさりできるでしょう。

エビング曲線を上手に使おう

 エビング曲線を意識するあまり、無茶な計画を立てようとしないで下さいね。1ヵ月に1度復習する事が目的になってはいけません。そのぐらいを目安に勉強すると効率的に「忘却」を防ぐことができる。という指標にすぎません。
私が言いたい事は、「人間は忘れる生き物である。落ち込まないように」「何度も同じ事を反復して行う」という事です。

皆さんが上手に勉強してケアマネ試験に合格することをお祈りしています。