ケアマネ試験はネットの情報を頼るべからず

ネットの情報は古い

介護保険という制度は、5年に1度法律が変わり、3年に1度報酬や認定について変更があります。年度によっても若干の変更が加わり、すごく複雑な制度になっています。
2015年度には大きな改正を控えており、ケアマネ試験全体も制度が大きく変わろうとしています

その中でネットの情報に目を向けて見ると、古い情報が多いです。すでに変わっている制度だったり、正確ではない情報だったりします。インターネットは素晴らしく便利な物ですが、ケアマネ試験においてはあまり過信しないように上手に活用しましょう

市町村によって制度は違う

介護保険の細かい制度は全国一律ではありません。それは地方自治の考え方に従って、介護保険についての色々な権限を都道府県や市町村に与えているからです。なので、自分の住んでる自治体のホームページを見たりした際に、標準的(問題に出るような)なルールでは無い場合があります。

更に、地方自治体であってもホームページが常に最新の情報であるとは限りません。中にはとんでもなく古い情報を載せている所もあるので注意が必要です。

よって、疑心暗鬼になったり混乱するような情報であるならいっそ参考にしないほうがマシです。

2ちゃんねるの情報は信じないほうがいい

独学で勉強していると、孤独を感じてしまいがちです。何故こんなに辛い勉強を一人でしているのか。自分で決めた事なのにめげてしまいそうになります。

そこで世間はどんな感じなんだろうとネットを検索していると、2ちゃんねるやSNSに行きつきます。活発に情報交換している様子を見ているとなんだか嬉しくなります。当然なんですが、「こんなに受験者っていたんだ!」と気付かされます。2ちゃんねるやSNSで独学で勉強している人やスクールに通っている人、通信で学習している人と出会い、情報交換するのは有意義だと思います。
しかし出し合っている問題については一切無視して下さい。(結構頻繁に自作の問題を出し合ったりしています)

出題者も「今学習している人」です。とんちんかんな問題や間違った問題、解説すらないような問題を解いてはいけません。混乱の元です。

更に混乱の元になるのが、その問題に「回答している人の解説」を見る事です。はっきりいって学習途上の人の解説なんてあてになりません。中にはズバリ鋭い解説をする人もいるかもしれませんが、大体が適当に答えているだけです。

まとめ

ネット上に掲載されている情報でも「岡野合格無料ゼミ」や「けあさぽ」がケアマネ試験特化のサイトとして有名です。こちらのサイトを利用して合格した方も大勢いらっしゃると思います。

全てが最新の情報とはいかないと思いますが、上記のようなサイトでしたら安心して学習ができると思います。しかし決して2ちゃんねるやSNSで素人が出してる問題を解かないで下さい。絶対に試験に出てこないような問題文や箇所が出てきたりします。力試しというよりは混乱の元になります。

正確な情報は「最新年度対応」とか「基本テキスト 最新版適応済」とかの一番新しい物を購入して「正確・最新」の物を頭に入れて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください