集中的に勉強するならネットカフェ・漫画喫茶が便利

ネットカフェは集中勉強に最適

私は、普段は家で勉強していましたが、ちょっと良くわからない所を集中的に勉強したり、模擬問題集を通しで行ったり、1ヵ月前のラストスパートの時なんかによく「ネットカフェ」を利用していました。とても便利で何度も通っていました。
今回はネットカフェが何故便利なのかご紹介したいと思います。

ネットカフェの利点

通常勉強する場所ではないかもしれませんが、私はガッツリと利用していました。一度行った事がある方なら知っている事かもしれませんが、ネカフェで勉強する利点を挙げたいと思います。

静か

通常、ネットカフェは驚くほど静かです。あんなに人がいるのにクリック音やたまに咳払いぐらいしか聞こえません。更に私は耳栓(くわしくは静かに勉強を行える 3つの騒音対策を参照して下さい)をしていたので全く音が気になりません。強い集中力で勉強が行えました。

ドリンク飲放題

個人的にコーヒーが大好きなのですが、ネットカフェはセブンイレブンなんかに置いてあるようなコーヒーマシーンが置いてあり(店舗によるのかもしれませんが)飲み放題です。ブラックにエスプレッソ、何でもOKです。他にも色々なドリンクが飲み放題なので、長時間居座っても問題ありません。

邪魔されない空間

忙しい毎日を送る受験生は自宅でせっかく勉強を始めても携帯が鳴ったり家族にアレコレ用事を頼まれたりして落ち着かない時があります。そんな時にネットカフェにいって携帯をサイレント設定にするだけでもう誰にも邪魔されません。自分だけの勉強空間に入っていけます。

予想問題で実践形式の訓練を

私はこの訓練の為にネットカフェをよく利用していました。つまり予想問題60問を2時間使って解くという予行演習です。晶文社の模擬問題集は60問のテスト形式が5回分入っているのでおすすめです。

この訓練の目的は点数を取ることではありません。もちろん点が取れるに越したことはありませんが、大事なのは「実践で何が起こるか」を肌で体感できる所です。

間違いやすいポイント

まず私はマークのミスが多かったです。1,3,4と○を付けるところを1,4,5に○をつけていたり。2つ○の問題で3つ○を付けたりしていました。これは普段でしたら、ほとんど引っかかることはありません。。しかし2時間という長丁場で集中力は削られていき、こういうミスを犯します。

試験では「鉛筆」がお勧めなのですが、最初2~3本あればいいと思っていましたが、全然足りませんでした。
↑以外にも問題を解くペース配分、自分の苦手ポイント、回答用紙にずれてマークする等が見えてきます。この訓練を5回ぐらいすると試験本番での勘所や「場馴れ」する事ができ、本番でミスする事も減ると思います。

ちょっとお金がかかるけど投資だと思って行ってみる

↑で5回訓練とか言ってますけど、「おいおい そんなにネットカフェいったらお金かかるじゃないか」と思うかもしれません。しかし場所によりますが、今のネットカフェは本当に安いです。私が通っていた所は2時間で300円ぐらいでした。オールナイトパックは夜7時から朝5時までで1200円ぐらいだったので、日常で少し節約するだけで通えました。

総額で1万円も行ってないと思いますが模擬問題5回を2周以上行え、各問題集も十分すぎるほど進みましたので、損したとは思っていません。もし近くにネットカフェがある方は遊びがてら覗いてみて下さい。あまりの快適さにびっくりしますよ!

あ 漫画だけは要注意です。読み出したら止まらなくなるので・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください