カテゴリー別アーカイブ: モチベーションを上げる

コーヒーブレイク

ケアマネ試験勉強に疲れたら漫画「ヘルプマン!」を読もう!

こんにちは。ケアマネ試験の勉強は進んでいますか?「もーしんどい!!」と言う時期でしょうか。今回は、そんな「ケアマネ試験疲れ」を癒しつつ「ケアマネになるぞ!」っという情熱をもう一度復活させる漫画「ヘルプマン!」を紹介したいと思います。コーヒーブレイクと言った感じです。

高齢者介護を扱った漫画

ケアマネ試験の勉強は本当に孤独です。やっているうちに「もういいや 諦めよう」となってしまいがちなんですね。毎日毎日問題を解いたり、テキストを読み込むのは、はっきり言って苦痛です。特に序盤の介護保険を詳しく知っていく段階は、とっても挫折しやすいポイントですよね。

ケアマネ試験に疲れた時、休憩におすすめしたい漫画があります。

ヘルプマン!=ヘルパー

介護保険ができる頃からず~っと連載されている高齢者介護をテーマにした漫画です。介護保険と密接に結びついた漫画なので、勉強にもなります。ちょっと介護保険の内容として古い時があるので注意が必要ですが、介護保険制度や施設、在宅介護のイメージを作るにはもってこいです。

そして、何より「これからケアマネの資格を取るんだ!」という情熱が再び湧いてくる内容です。主人公の熱血介護はちょっと現実的には「リアル」ではないかもしれません。しかし、介護の現場で働いて見てぶち当たる「理想と現実」の壁は誰しもが一度は感じた事があるテーマではないでしょうか。

そんな私達が思い描いてきた「こうなればいいのになぁ」「こうすればいいのになぁ」を思いっきりやってくれるのがこの、ヘルプマン!という漫画です。

是非ケアマネ試験の勉強に疲れたら読んでみて下さい。

文具は勉強の友

ケアマネ試験勉強でモチベーションが下がった時は文房具にこだわってみよう!

ケアマネ試験は文具にこだわってみよう!

試験勉強を独学で日々黙々と行っていると、どうしてもモチベーションが下がってくる時があります。そんな時に少しだけ毎日の勉強が楽しくなる方法が「毎日使う文具にこだわる」という事です。私が試して効果があった方法なのでご紹介したいと思います。

文具にこだわる

毎日の勉強にちょっとしたエッセンスを取り入れるだけで、ケアマネ試験の勉強が少しだけ楽しくなります。それは文具にこだわるという事です。

ペンにこだわる

一番私がこだわったのがボールペンです。今のボールペンはちょっと前の物に比べて格段に書き味がよくなっています。文房具を多く扱っているところは最近増えています。イオンやLOFT身近にあるデパートや駅ビルなんかにも文房具コーナーが増えてきています。ボールペンコーナーなんか個人的に大好きなのですが、お試しOKのところが多いので、存分に書き味を試してみて下さい。

中に自分が気に入った「これだ!」という商品が必ずあります。その一本があなたの相棒です。ちなみに私はFudeball1.5やSurari300 0.7等の太いペンが好きです。なめらかにノートにすらすらと書けますので気に入っています。特にFudeballがいいですね。まさに筆のような書き味のボールペンです。

極細やガリガリした書き味が好きな人もいると思います。是非、ペンコーナーで自分に合う物を探してみて下さい。

更に、鉛筆を使ってみるのもおすすめします。というのも、試験本番では「必ず鉛筆を使う事」をおすすめしているからです。シャーペンですとマークシートがうまく読み取ってくれない場合があります。

ちなみに本試験でボールペンはNGです。機械がマークを読み取れませんので絶対不合格になります。ほとんどの方は知っていると思いますが、年に何人かはボールペンNGの方が出るようなので念のため書いておきます。

私の時、ケアマネ試験会場では鉛筆を使うように指定があったほどです。ちなみにマークシート用鉛筆なんて物もあります。本番までにお守りとして用意しておくのも悪くないと思います。

海外製の鉛筆を買ってみるのもおすすめです。少しだけテンションがあがります。価格は国内の物とあまり変わりません。ステッドラーの鉛筆がおすすめです。なんかカッコよくないですか?ステッドラーって名前が。え そうでもない?

国内産はやっぱり世界一の鉛筆と言われるハイユニを使うと書き味のなめらかさに驚きます。小さめの鉛筆削りなんかも一緒に買って削っていると、「やるか!」という気にちょっとだけなります。ちょっとだけです。過信は禁物です。

筆箱にこだわる

子供っぽい筆箱を想像している方がいると思います。しかし最近は大人用のかっこいい(かわいい)デザインの物が増えています。革だったり、デザイナーが作った物だったり様々です。色々探して自分好みの筆箱を購入してみて下さい。それを家、図書館等で開くとなんとなくやる気が湧いてきます。なんとなくです。ちなみに私は思い切って本革の筆箱を買いました。5000円もしたのですが、すごくかっこよくて満足しています。奥さんにめちゃくちゃ怒られましたが。

文具は相棒

調子に乗って紹介していると皆さんから「いくら金がかかるんじゃい!」とつっこまれそうですが、考えてみて下さい。

数か月勉強して孤独が襲ってきても愛用のペンケースを開くとやる気が出てきます。芯をつけかえて使い続けたボールペンは「相棒」です。唯一孤独な独学者と苦楽を共にしてくれるパートナーです。

数千円のペンケースはちょっとやり過ぎましたが、ペンは高くても数百円です。自分への投資だと思ってこだわってみて下さい。毎日「ちょっとだけ」やる気をくれますから。

ケアマネ試験の勉強は図書館でしよう!

ケアマネ試験の勉強は図書館でしよう!

皆さん、ケアマネ試験の勉強はどこでやっていますか?毎日毎日同じ机、同じ景色、同じ物・・・に囲まれて勉強していると何だか気分が重たくなってきませんか?

そんな時、私は決まって図書館で勉強をしていました。既に取り入れてる方もいらっしゃるとは思いますが、今回は図書館勉強のススメを書いていきたいと思います。

リフレッシュ効果がすごい

環境が少し変わるだけで気分が大きく変わります。窓から見える風景や、多少の声、雰囲気全てが勉強する為にふさわしい場所が図書館です。そんな中で「よし、やるぞ!」と思い勉強すると捗る捗る。普段1時間も勉強するとしなびていますが、お昼過ぎに行って夕方5時ぐらいまで勉強していられました。図書館では持続力が違います。

休憩中は歩いてみよう

私は集中力がほとんどなくて30分ぐらい勉強すると10分休憩を入れてないと持ちませんでした。これは人それぞれなんですが、人間の集中力は大体50分から60分で限界になるそうです。なので、最低限1時間に1回は休憩を入れるようにしましょう。
そしてせっかく図書館に来ているのですから、中の本を眺めて歩いてみましょう。興味があった本を「後で読もう」なんて思いながら見ているだけでもリフレッシュします。間違っても立ち読みはしちゃダメですよ!

それから外に出るのもおすすめです。10分ぐらい外をぶらぶら歩いてみましょう。私の行っていた図書館は出ると広い公園になっていて、ゆっくりと歩いたり、木々をボーッと眺めたりしていました。

10分も歩くと座りっぱなしの体が程良くほぐれ、またやる気が湧いてきます。たまにはこういう「ゆったりとした勉強」をしてみて下さい。集中力が上がっているので頭に入るし、普段見ない風景を見るのはリフレッシュ効果もあります。何よりいつもより時間をかけて勉強していますから、一気に勉強が進みます。

勉強を続ける為にも図書館を取り入れよう

毎日毎日家の机で勉強していると気が滅入ってきませんか?そんな時に週1図書館通いを取り入れると、気分がリセットされて継続して勉強に取り組むことができます。是非、家で勉強していて気分を変えたいなと思った方は取り入れて見て下さい。

ケアマネ試験の合格体験記を見てモチベーションをアップさせよう!

長丁場の試験勉強はモチベーションが下がる

ケアマネ試験の勉強は、色々なところで見る限り3カ月~1年ぐらいかけるのが一般的のようです。中には数週間勉強しただけで合格した人もいるようですが、そういう方はきっと日々の業務の中でベースとなる介護保険や保健医療の知識を学んだのではないかと思います。

長期間の勉強はかなりしんどいです。自分で決めた事にめげてしまう時もあります。「無理だ~明日やろう」とか「今日はもういいか~」となって次の日やればいいですが、どんどん勉強から遠ざかってしまうパターンが多いと思います。そんな時どうやって当初のようなモチベーションを得るか。書いていきたいと思います。

合格体験記を見よう

独学での勉強は孤独です。毎日勉強する苦痛から逃げ出したくなる。やる気が落ちてくる。長くやっていくと一度はそんな状態に落ちると思います。そんなモチベーションダウン時はケアマネ試験の合格体験記を見ましょう。「中央法規」のけあさぽや「晶文社」のケアマネ特設ページにかなりの数掲載されています。

けあさぽ 私はこうして合格しました

中央法規のケアマネ特設ページとも言える、「けあさぽ」に合格体験記が掲載されています。これは合格した方がどういった書籍で、どのぐらいの期間勉強したか等、ものすごく参考になるデータの宝庫です。

自分が置かれた境遇等(例えば50歳ですとか3児の母で・・等)も書かれているため、自分に合った勉強法が見つけられたりします。何よりこれを見ることで励まされます。「50歳でも頑張って合格できました」とか「3児の母で仕事もしていたけどなんとか合格!」なんて見ていると、「よしっ!私も!」と最初の頃誓った合格への熱が蘇ってきます。

けあさぽ 私はこうして合格しました!へのリンク

晶文社 合格者からの喜びの声

晶文社にも合格体験記が「合格者からの喜びの声」として掲載されています。こちらは晶文社が発行している書籍についている愛読者カードをまとめたものです。合格した方の喜びの声を見ていると、ふつふつとモチベーションが湧きあがってくる感じがします。

晶文社 合格者からの喜びの声へのリンク

まとめ

両ページのケアマネ試験合格体験記はとにかく何度も何度も読みました。私は人一倍飽きっぽい性格なので、ほぼ毎日のように眺めている時期がありました。とにかく勉強を辞めそうになったら合格体験記を検索して色々見ました。自分の勉強法が信じられなくなった時、進みが悪い時、調子が上がらない時、やる気をなくしそうになった時、合格体験記を読むと不思議と「よーし!やるか!」となってきます。

皆さんも試験勉強が辛いと思った時は一旦休んで合格体験記を読んでみて下さい。別に毎日勉強する事が義務ではありません。1日ぐらい休んでも罪ではありません。勉強自体を辞めてしまう事が一番もったいないです。自分の性格は自分が一番知っているはずです。過度に追い込まず、モチベーションが下がったら素直に休憩し、無暗に頑張らず、肩の力を抜いて勉強に励んで下さい。