ケアマネ試験受験願書

ケアマネ試験の願書を間違えずに作成する方法

 試験は10月に行われるのですが、ケアマネ試験の願書提出は毎年6月から7月にかけて行われます。今回は願書のつまずきやすい部分をリストアップして、チェックしていきたいと思います。

ケアマネ試験の願書提出時期

 毎年、6月から7月にかけて願書の提出をしなければいけません。早い県だと5月末ぐらいから受け付けているみたいですね。

 このケアマネ試験の願書が結構めんどくさいんです。この書類を作るのが面倒すぎて、受験を諦めるなんて人もいるぐらいですからね。

ケアマネ試験 願書のチェックポイント

 まず、願書を手に入れなければいけません。今は申請書をネットからダウンロードできる自治体が多いですが、説明と申込書、注意点などが一冊の冊子になった願書セットは是非手に入れたいです。これは県によって配布方法が違うので、県の介護保険課ホームページか、県社協のページなどで確認して下さい。

 部数が限られているようで、私の時は無くなってしまって貰えなかった人もいたようですので、早め早めに動くといいでしょう。

 願書を手に入れたら、ザッと目を通して欲しいのですが、いくつかの難関ポイントをリストアップしたいと思います。

  • 受験資格
  • 実務経験
  • 送付方法

受験資格

 受験資格はOKですか?願書に書かれている資格を持っていないといけません。また、平成29年度までは今まで通りの受験資格で受ける事ができますが、それ以降は国家資格を持っていないと受験すらできません。注意です。

実務経験

 これが一番やっかいですね、働いている(いた)施設や事業所にお願いして、実務経験日数を証明してもらわないといけません。もし過去に働いていた勤務先も実務経験の日数に含めないといけない場合は前の勤務先にいってハンコを貰わないと願書が受理されません。

 過去の勤め先に行くのは、よっぽど関係が良好だった場合を除いて、なんか嫌だし面倒ですよね。ここがケアマネ試験願書作成の最大の挫折ポイントです。

 実務経験とは受験資格を持った時からカウントがスタートします。すごく重要ですので覚えておいて下さい。

 私は資格を持つ前から働き出して1年後に受験資格を取得したのですが、この場合は受験資格を取った後から実務経験としてカウントされていきます。なので、最初の1年は日数にカウントされません。(これで私はアウトになって一年待ちました)

送付方法

 県によって違うのですが、簡易書留以外では受け取りませんとはっきり明記してある県もあります。願書に書いてありますので、しっかりと確認してから送付して下さい。

まとめ

 ケアマネ試験の願書作成は時間がかかります。7月の締め切り直前に作り始めても、たぶん間に合いません。遅くとも6月中旬頃から作り始めるようにすると、余裕を持って提出できると思います。

 仕事に勉強にの合間に願書を作るのは結構しんどいと思います。願書提出と同時に勉強を始める方、もう始めている方、色々な方がいらっしゃると思いますが、試験を受けよう!と思った時の情熱を消さないよう10月まで走り抜けましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください